toggle
2021-07-10

ココ推しスポット 〜沖縄〜

この度”ココ推しスポット”と銘打って、コラムを展開していく事にしました。本来なら撮影スポットは明かさないことが多いです。時に自然環境保護の為、時に生息する生き物たちの為、時にそこで生活を営まれている方々への配慮の為です。

昨今Instagramの急速な発展により大体の場所の写真は地図が付いていたり、有名な場所であったりします。しかし時折、情報がない写真もあります。その時に、ご自身で調べられて現地に赴き、怪我や事故に遭われる方がいます。情報不足と準備不足です。

今回初めてあげる沖縄うるま市内の離島のジャネー洞の先にある岬もその一つだと思いました。今回の情報で1人でも多くの方の安心に繋がり、快適・安全な旅の一助になれば幸いです。

注意点に書きそびれましたが、手袋もしていた方が良いです。鋭利な岩場に手をついて、よじ登るので。頑張って登るのは2mくらいです。10mなどの崖ではなく、波に侵食された岩場を少し登るイメージです。お子様でも登れますよ。あと、海岸線を歩いて岬の先端に行き撮影しました。1時間ほどの撮影で引き返しましたが、帰り潮が満ちてきており、ヒヤッとしました。満潮時は泳がないといけない状況になると思います。一番注意して欲しいポイントになります。また、滑らない靴が良いと思います。海藻が付いた鋭利な岩場を歩くので、万が一の滑りにも捻挫しにくい登山用の靴がお勧めです。

写真見て頂くとわかりますが、本当に気持ちの良い場所です。誰1人来られませんでした。ランチなど広げたら、絶景独り占めですね。独り占めと言いましたが、出来れば2名以上で行動して下さい。何かあったら、発見されない場所なので。1人で撮影・観光される方も居るでしょう。その時は、YAMAPというアプリがお勧めです。本来登山用に開発されたものですが、私も1人撮影がメインなので、山奥など人がいない場所に入るときは、アプリを作動させます。携帯の電波が届かなくても、GPSで場所を追跡してくれます。万が一の場合、私は妻の携帯に連絡が行く設定にしています。

一番の季節は、初夏から晩夏にかけて、日差しの強い太陽が海面を照らし綺麗だと思います。午前中のまだ日の浅い時間が、気温も高くなく過ごしやすいです。撮影者の方は、日の出を撮影されたいと思いますが、島内夜間は光がほぼありません。日の出前のブルーアワーは危険なのでお勧め出来ません。また、日の入り後のブルーアワー狙いも、帰りが真っ暗になるのでお勧めできません。日中だけで十二分に美しい景色を堪能できます。

ワイドレンズや望遠レンズのみでなく、マクロレンズで崖の上の植物を海のキラキラを玉ボケにしたりして面白い作品も撮れる場所です。崖の亀裂を入れたり、地形を上手く絡ませる作品も撮影出来ますが、くれぐれも安全第一で楽しい写真ライフをお送りください。あなたの撮った素敵な一枚を見せて下さい。楽しみに待ってます。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。