toggle
2021-11-01

Topic25. 雲底と雲頂

今回も前回同様エマグラムを見て分かることを、撮影に活かそうという試みです。

エマグラムを構成しているデータは過去のものです。それを元に作られている以上予測ではないのも確かです。しかし、大気循環はすぐに変化するものではありません。現状を把握することで、十分に撮影の為の予測に使えます。

撮影だけでなく、ご旅行にも天気がいい日が良いですよね?雲の傾向を把握できる事は、とても役立ちます。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。